何がしたいのよ?ねぇ??(過去の彼女の言葉より)


by blv_cyber
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

遅い時間に更新しております

 しかしまぁなんですねぇ。材料が揃い、型紙の修正なども終わりますとぉ

よっしゃー!作るぞぉー!

という気持ちが先走りまして、ほとばしりまして、若干チビりまして。集中モードに突入という
事態に陥っております。メシ食うのも忘れております。ってことで、只今23時くらいと。

 旨くて雰囲気のいいお食事処ってのを探すのが、ここんところのマイブームでございます。
というか、いわゆるグルメ本で探すわけですけど、えぇ。そんな中、じつは昨日、あるお店に
行ってきたわけであります。新潟市中心部からはずれた所にそこはございました。入口が
普通の家の玄関っぽくて、一瞬

大丈夫か?

とも思いましたが、気を取り直して入ってみたのであります。

 店内は普通に洋食屋しておりました。しかし昼時だというに、お客は漫画本をずっと読み
ふけっているおばちゃん1人だけ。

おい、大丈夫か?

またも不安がよぎりましたが、すでに入店し、店のおばさんにいらっしゃいませ!と声を
かけられておりましたので、まぁしょうがねぇか、的な心持でテーブルに。

そこはハンバーグが旨い店ということだったので、連れはハンバーグを、オイラはヘルシーと
銘打ったステーキ200グラム(2000円オーバーだぞ!)を。さらに、非常に気になった、お店
オリジナル『魔法のドリンク』なるものを2種類注文してみましたよ。

まずはハンバーグ。上にトマトのソースがかかってまして。ハンバーグそのものも非常に
柔らかくて美味しくて。良かったです。そしてステーキ。こちらはほぼ赤身でしたが、これもまた
すっごく柔らかくて美味しかったですよ。サラダ・コーヒーもついてあの値段だったら、ちょっと
自分にご褒美♪みたいな日には絶対行きたい、そんな感じですな。

『魔法のドリンク』についてですが。こちら2種類ありました。一方は柑橘系、もう一方は甘い
蜜系(と、お店の方がおっしゃっておりました)。どちらもホットでいただいたんですが(柑橘系の
方はアイスもアリだそうです)、柑橘系の方はね、ホントに万人ウケするくらいに美味しかった。
例えるならホットレモネードって感じ。ところがオイラが飲んだ蜜系はねぇ…例えようのない
飲み物でした。甘いんですよ、えぇ。でも砂糖は使ってないと、豪語しておられたお店の方の
お言葉通り、ものすごく自然な、でもかなりな甘さを持ってですね。オイラの舌を攻撃して
くれるわけです。

「なんならお水で薄めて飲んでくださっても…」

おばさんはそう言ってましたけど。うん、そうだね。良い子のみんなは薄めて飲もう!でもね、
けっして不味くなかったですよ。ヘタしたらクセになるかも…でも次行ったら絶対柑橘系だな。
ちなみに、どちらも栄養のバランスを考えたもので、それぞれに体にいいものが配合されて
おるようです。アスパラギン酸とかドコサヘキサ塩酸とか…いろいろと。お食事前に飲むのが
よろしいようですよ。

 そんなこんなで、美味しく満腹になったんですが。このお店の魅力はね、これら食事だけじゃ
ないんですよ。個人経営のお店ですから。コックのオヤジとおばさんしかいないお店ですから。
気軽にお話ができるんですね。っていうか、おばさんが異常に気さくで。こっちがちょっと、
連れと話してるとぉ、会話の隙間に入ってきて、内容を膨らましてくれちゃうわけです。そうなると
喋りで笑かしてやろうという、貪欲なものを持ってるオイラとしてはですよ。当然、喋りに熱が
入ってくる。結果、オイラたちとおばさんと、時々オヤジというね。あの『東京タワー』の副題
みたいな状況になるわけで。いやぁ、喋りましたよ。初対面の方にね、革モノ作ってますだとか
ンな話、初めてしたもの。したらオヤジさん、厨房から

「新潟の地下街に店出したらいいじゃん。チャレンジショップみたいなのあるから」

って。アドバイスしてくれてね。最初はおっかない顔してたからさ。話しかけ辛かったんだけど
実は全然いい人だったですねぇ。最後にはオイラの話で若干笑ってくれて。うん、普通に
いいオヤジでしたなぁ。

 ってことで、あのお店。95点の高評価。-5点は品数かな。もう2、3品のお料理があっても
よかったかも。にしてもその他はもう満点。特にいつでも喋りに参加してくるおばさんが、
得点をかっさらってます。

 ささ、もう23時半ですよぉ。皆さんはおやすみなさい。オイラは革の裁断すっから。
[PR]
by blv_cyber | 2006-11-29 23:34 | 日記