何がしたいのよ?ねぇ??(過去の彼女の言葉より)


by blv_cyber
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ちょっと驚きました

 ※知らない人には退屈な記事となっております※

 夕方3時、4時というと、どこの地域でも、たいていは

「水戸黄門」

をやってるんじゃなかろうか?先日まで、ここ新潟では助さん役にあの

「杉良太郎」

という、エラく古い黄門様を放送してたんですが、今日から比較的新しい
黄門様、第19部を放送しておったわけです。飛猿さんとか出てましたから。
で、何十年かぶりにじっくりと観てしまったんですが、ちょっと驚きました。
っていうか、黄門様が年中旅行に出かけてる、本当の理由を知って、
衝撃を受けたんであります。あのご一行様ってのは、ただただブラブラと
歩いてるわけじゃなかったんだね。




「庄内藩で悪さを企んでいる人間を懲らしめに行く」

そんな理由が第19部にはあったんだよ。お姫様がお付きの人を連れて、
わざわざ水戸のご老公様の所まで直訴にきてるんだもの。ビックリでした。
それにね、やっぱりって感じでしたけど、由美かおるさん演じる「お銀さん」の
行水シーンもありましたし、タルいアクションシーンも。いやぁ、こりゃあ結構
見所満載!目が離せなくなりそうです。

 しかしまぁね。ひねくれもののオイラでございますから。気になったシーンが
なかったわけじゃないわけで。それってのが、弥七さんやらお銀さんが
何気なく使ってるあの

「目くらまし用爆弾」

の存在であります。普通に見ちゃってましたけど、果たして江戸時代に、
あんなものがあったのか否か?ってことでね、まずはあの目くらまし系の
やつが、なんとなく花火に似てるんで、それを念頭に調べてみましたよ。

これであります。

あったんですねぇ。っていうか、鉄砲があったんだから火薬もあっただろうし
それを利用した娯楽用花火だってあって当たり前ですな。うん、無駄な事に
時間を消費しちまったね。ごめんよ、ホント。しかし本当に探りたいのは、

「携帯用の爆弾」

が存在していたのかどうか?ってことですからね。今度は真剣に?そちらを
調べてみました。

それがこれ。

あったんだねぇ。いやぁ驚いた。

「忍者は当時、科学の最先端を行く存在だった。」

ってコメント通り、なんでもかんでも貪欲に自分のものにしてたんだねぇ。
以上、晴れ晴れとした気持ちで、この記事終了!

 …正直、けなすところが全然なくて、つまんなかったなぁ。
[PR]
by blv_cyber | 2005-06-30 16:49 | TV・映画