人気ブログランキング |

何がしたいのよ?ねぇ??(過去の彼女の言葉より)


by blv_cyber

2005年 06月 09日 ( 1 )

奇妙な光景

 先月でした。朝6時頃にですね、定年退職されて、日々ものすごくヒマそう
にしてる、お向かいのオッサンがね、なにやら誰かと話されてたわけです。
早朝じゃないですか。だからね、きっと散歩に出てた近所のじいさんと
世間話なんかしてると思ってたんですよ。けれども…相手の声が全く
聞こえないばかりか、オッサンの声もなんだかとっても小さくて。オヤ?っと
思ったんです。

「一体誰と話してんだろう?」

誰だってそう思いますでしょ?で、チラッとね、2階の窓から下を見てみた。
したら…

「だ、誰もいねぇ…」

オッサンね、まぶしい朝日に向かってね、なにか黒い物体をかざしながら、
ブツブツと独り言してたんですわ。それもね、ちょっと笑顔で。

「…ヘンな宗教に魅了されたのかな?」

触らぬ神にタタリなしですから。窓からそ~っと離れまして、こちらは
2度目の就寝に挑んだのでありました。

 で、一昨日の朝。一睡もできずにいたオイラの耳に、またあのオッサンの
声が聞こえてきたわけです。

「きたっ!」

なんかね、野生動物の鳴き声で色めき立つ写真家のような気分でしたよ。
今回はオッサンが持っているあの黒いブツの正体を、どうしても確認せねば
なりません。そして出来るならば、なんて言っているのかも是非知りたい。
そう思いながら、また2階の窓から観察を始めたわけであります。

「…お、また持ってるな。なんだろうねぇ…黒いよなぁ」

目を凝らします。

「あ」










茶色い犬のぬいぐるみだっ!

ここで宗教説の可能性がだいぶ薄れました。そしてその代わりに

「やっぱりネジが緩んでる説」

大きく浮上。背中がゾワっとしながらも、さらに観察を続けます。

「ん!やっぱなんか言ってるな…」

そば耳を立てます。

「!?」

オッサン、こんなことを言ってました。

「…ありがとうね…ありがとうね…ねー…ありがとう」

当然、1ヶ月前と同じ笑顔で。

「早朝に、犬のぬいぐるみをあやすように抱き上げ、朝日に向かって
 笑顔で、『ありがとう』…一体なんなんだ?」


ものすごく気になってるけどさ。あまりのことで、本人に聞くなんて絶対に
できませんでしょ?どうしたらいいのかさっぱりです。
by blv_cyber | 2005-06-09 16:50 | 日記